運転者のマナーとは

自動車を運転する上で大切な意識はマナーをしっかりと守って丁寧な対応をすることです。交通ルールを守ることは言うまでもありませんが、プラスアルファの丁寧な意識を持つことが円滑な移動と、安全な車社会を築くことにつながると言えます。
例えば、マナーの悪さがよく現れてしまう場所が交差点です。
信号が青だからと言って何も考えずに進んで良いわけではありません。歩行者が横断歩道を渡っていたら停止するのは当たり前ですが、渡る直前、つまりこれから横断歩道に足を踏み入れるという人がいる場合もタイミングを考えて余裕を持って停止する必要があります。「余裕を持って」と言いましたが、あまりにも歩行者の近くでとまると、驚かせてしまうことがあるからです。
なお、歩行者が優先でありながら、中には運転者に気を遣って立ち止まる人もいます。これは、車側を優先させる気持ちからの場合もありますが、非常識なドライバーを警戒しての身を守る行動とも言えます。生身の人間と車であれば、どう考えても弱い立場なのは人間です。変に気を遣わせるのは好ましいことではありません。もし歩行者が車側に道を譲るような動きが見えた時に、イライラして変に徐行などをしては戸惑わせるだけです。手を差し出して「どうぞ」といった気持ちで優先する心の余裕が大切です。

 

コメントは受け付けていません。