身体障害者マークとは

自動車と言うのは、とても便利で多くの人たちの生活の支えとなってくれるものですが、どれだけ便利な物であってもそれを利用する人の意識がいい加減なものでは快適な生活にはつながりません。道路には信号、道路標識など、気を配らなければならないポイントが多数あります。
周りの車のことも気を付けて見なければならない物ですが、車体に表示されたマークへの意識も忘れてはなりません。よく目にする物と言えば「初心運転者標識」「高齢運転者標識」といった物ですが、あまり目にすることがない物に関しても忘れずに意識しておくことが大切です。
その一つが身体障害者標識、別称「身体障害者マーク」です。ハートが4つ合わさった青と白のデザインのマークです。これは、普通自動車の運転免許を受けた人で、体が不自由であることを理由に、免許に条件を付されている人が表示するべきマークです。ポイントは、表示をしないことによる罰則がないというところです。しかし、だからと言ってつけなくていいわけではありません。きちんと表示をして周囲に注意を促すことで安全度が少しでも上がるのであれば表示する価値は十分あります。自分の身を守るだけでなく、周りの人も安全に運転できるよう、表示しておくと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。