横断歩道でのの注意点について

自動車を運転する誰もが持っていなければいけない意識が、交通事故の可能性です。日々流されるニュースだけでなく、街を走っていて大破した車を目にしたことがある方もいることでしょう。こういった事故は、誰の身にも起こり得ることです。自分の運転技術を過信することはよくありませんし、交通事故というのは不幸なことに、自分の技術に関わらず発生してしまうものです。ルールを守らない一部の車や歩行者のせいで危険な目に遭ってしまうかもしれませんから、面倒でもそういった部分にまで危機意識を広げることが大切と言えます。
ちなみに、交通事故が発生しやすい場所に横断歩道があります。事故原因は色々と考えられますが、前述しましたように、ルールを守らない人が事故を誘発してしまうことがあります。よくあるのが信号無視です。青信号で普通に通過しようとしたところに、人が飛び出してくるかもしれません。よく歩行者の時には「渡る時には左右を確認して」と言いますが、ドライバーの時でも同じです。信号頼りにしないで、自分の目で状況を確認することが大切です。
ルールを守らない人だけでなく、中には具合が悪くて倒れ込んでくる人だっているかもしれません。おかしいな、危ないなと思ったら、速度を落として走るなど、臨機応変な対応が求められます。

コメントは受け付けていません。