歩行者と運転の間隔について

自動車を運転する時に大切なことと言うのは色々あります。信号や標識、周りの車などに気を付けながら、交通事故が起きないようにする意識が大切ですが、街にいるのは車だけではありません。自転車、歩行者といった存在もきちんと頭に入れて、臨機応変に対応することが事故を防ぐことにつながります。
よく問題となるのは、歩いている人との間隔です。青信号で横断歩道を通過しようと思った時に歩いている人がいた場合、当然一旦止まったりスピードを落として優先しますが、あまりにも近距離で止まると相手は轢かれるかもしれない、と驚いてしまいます。このように、ポイントは人との間隔です。近ければそれだけ危ないですから、余裕を持って適度な距離をとって運転することが大切です。
中には、信号無視をする人もいますし、横断歩道のない場所から反対側へ渡ろうとする人もいます。悪いのはルール、マナーを守れないこういった人たちではありますが、こういった危険性があることを頭に入れておくとおかないとでは大違いです。
運転をしながら「この人は無理に渡ってきそうだ」「フラフラとして危ないな」など、状況を把握して落ち着いて行動することで防げる事故もあるでしょう。

コメントは受け付けていません。