歩行者の保護とその重要性について

自動車を運転する時と言うのは、周りの車に気を付けながら、事故を起こさないように努めるものですが、注意をするのは車だけではありません。自転車や歩行者の存在もしっかりと意識して保護することに努める必要があります。
自動車同士の接触が起きてしまった場合は、ダメージが車が傷つくまでで済む場合もありますが、自転車に乗っている人や歩いている人と接触した場合はこうはいきません。大ケガや命を落とすこともあります。運転をする人は、そういった可能性のある危険な物を運転してるんだという危機意識を持つことが大切です。
このように、弱い立場の人を守る意識の具体的なものが、横断歩道でよく見られます。例えば信号のない横断歩道で人が渡ろうとしている時に「どこかで上手く渡るだろう」と通過するドライバーみんなが思っていたら、歩いている人はいつまでたっても渡ることができません。弱い立場の優先されるべき人が、車の様子をうかがって、注意をしながら渡るというのは大変危険ですし、おかしなことです。
もちろん、信号がある横断歩道でも同じです。青信号だとしても、渡っている人がいればきちんと優先します。たまに「早く渡れ」とばかりに徐行してグイグイ間を詰めてプレッシャーをかけるドライバーがいますが、そういったマナーに反するような行動は慎むべきです。